歯周病

歯周病とは

虫歯が歯の疾患であるのに対し、歯周病は歯の周りの組織(歯根膜、歯茎、歯槽骨など)の疾患です。

最初は歯肉の軽度の出血や腫れにはじまり徐々に進行し、歯が少しずつグラグラしはじめ最終的には抜け落ちてしまう恐い病気です。
歯周病は歯の表面につく「歯垢(しこう)」とそれが固まってしまった歯石によって起こります。
歯周病は、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の2つに分けられます。

現在、国民の80パーセントの方が歯周病にかかっていると言われていますので、一度、歯科医院での検診と定期的な歯の検診をおすすめします。

歯周病の症状

歯肉炎 軽度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎
中等度歯周炎 重度歯周炎
中等度歯周炎 重度歯周炎

歯周病の治療

    1.ブラッシング指導
  • 現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。
    ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

    2.スケーリング(歯石除去)
  • 歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。
    一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

    3.フラップオペレーション
  • 歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。
    このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

歯の抜け落ちる原因で最も多いものが歯周病によるものです。
歯周病は繰り返されるので、一度治ったからといって安心しないで、定期的な健診と日頃のメンテナンスを心がけましょう。