インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためグラグラすることもなく、自分の歯と同じように「食べる・話す」ことが出来るようになります。

インプラントと従来の治療法の違い

臼歯部二本欠損の場合

従来の治療 インプラント治療

両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療。

欠損部にインプラントを埋入し人工の歯を単独で装着。

【ブリッジ】

従来の治療

【インプラント】

インプラント治療


臼歯部から歯が欠損している場合

従来の治療 インプラント治療

部分入れ歯で治療。
健康な隣の歯に維持するための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。

【バネを用いた義歯】

従来の治療

【インプラント】

インプラント治療


完全に歯がない場合

従来の治療 インプラント治療

土台になる歯がないため総入れ歯となります。うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かず、しっかりした義歯にすることが出来ます。また、あごの状態によってはインプラントによって一本ずつの歯を自然な状態で再現することも可能です。

【総入れ歯】

従来の治療

【インプラント】

インプラント治療

メリットとデメリット

    【メリット】
  • 噛む力が天然の歯に比べ違和感がほとんど無いぐらいまでに回復します。
  • 審美性に優れています。(場合によっては天然歯とほとんど区別がつかないような治療が出来ます。)
  • インプラントはそれ自体で顎の骨に埋め込んでいますので、両隣の歯を削って支える必要はありません。
    【デメリット】
  • インプラントを顎の骨に埋め込むための手術が必要です。
  • 手術が出来ない症例もあります。
  • インプラントは健康保険の適用外ですので、自由診療となります。

インプラント治療の流れ

Step 1    初診
インプラント治療に関する相談と説明

Step 2    診査
病歴や健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取

Step 3    診断
治療方針、計画の決定と説明

Step 4    手術
●外科処置によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。
●3〜6ヶ月後にインプラントに人工の歯を連結するためのパーツを取り付けます。
(小外科処置を伴います。)

Step 5    人工の歯を製作
技工士さんがあなただけの人工の歯をカスタムメイドで製作します。

Step 6    人工の歯を装着、完成
人工の歯をインプラントに連結して完成となります。

Step 7    メインテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせる為には、適切なホームケアと定期検診が不可欠です。

インプラントQ&A

Q1 誰でも出来るのでしょうか?

通常、年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性の疾患がある場合は状況によって異なりますので、先生にご相談ください。

Q2 手術が苦手なのですが。

インプラントは専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般的には歯を抜くよりもあとの治りが良好です。

Q3 治療が終わるまでどれくらいの期間がかかるのですか?

インプラントを骨に埋める処置をしてから一般的には3ヶ月から6ヶ月待ちます。その後、人口の歯の土台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。

Q4 自分の歯のように噛めるのですか?

はい。インプラントはあごの骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結されますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感覚がよみがえります。

Q5 インプラントの寿命は?

インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが治療後の清掃を怠りますと天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちることもあります。インプラント治療を受けた方は特に口の中の衛生状態に気をつけ定期的に検診を受けることが長持ちさせる秘訣です。

Q6 差し歯とインプラントの違いは何ですか?
どちらの方がメリットが多いですか?

一般に言われている差し歯とは、自分の歯の根(歯根)が残っている場合に行われる治療です。
インプラントとは、既に歯がない場合、もしくは歯を抜いてしまう場合に行われる治療の一つです。歯が既にない場合には、ない場所と本数にもよりますが、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントといった治療方法があります。
ブリッジの場合、ほとんど自分の歯と変わりなく噛むことができます。しかし、かぶせ物により歯を繋ぐ必要があるため、歯のない場所の両隣の歯を削らなくてはなりません。
部分入れ歯の場合、歯を削る必要はありませんが、入れ歯を安定させるためのバネが見えてしまうことがありますし、入れ歯の下に物が入って傷みを伴うことがあります。
インプラントの場合、自分の歯と同様に噛むことができますし、前述の2方法の欠点もありません。しかし、保険治療外ですので治療費が高額となります。また、治療期間も長くかかることがあります。